アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など(BPSD治療にも対応)
抑うつ、幻覚、妄想など
不眠症他

認知症診療について

認知症とともに生きる

院長は認知症専門医で高齢者医療の専門家です。約40年の診療経験があります。認知症はまだ治癒できる疾患ではありませんが、早期発見と適切な治療とケアによって進行を抑制し、穏やかに生活でき、認知症があっても、ともに生きる病気となっています。認知症のケアにはパーソンセンタードケアが重要であり、このケアにもとづいた傾聴と対話が重要です。認知症の医療とケアで困ったらいつでもご相談ください。通院が困難な場合には必要時には往診や訪問診療も行います。遠隔の場合にはオンライン診療も可能です。電話でご相談ください。

もの忘れ外来について

疾患名の診断だけでなくお困りの症状についても対応します

当院では毎週火曜の終日と木曜土曜の午前にもの忘れ外来を行っています。
WEB予約ができる他、お電話でのお問い合わせもお待ちしております。